家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

発達障害のお子さんにも、中学受験はできる?

発達障害のお子さんをお持ちのご両親にとって一番気になることは、「受験に対応できるのか?」だと思います。

発達障害というと健常児とは隔離されて特別学級で学習するというイメージがありますが、お子さんに合った方法で学習ができれば中学受験に対応できるだけの学力を目指すこともできます。

今回は、発達障害のお子さんの中学受験についてお話します。

学力だけでなく、コミュニケーション能力も重要

中学受験を検討されているということは、大学進学までも視野に入れていらっしゃると思います。受験において学力以上に重要になるのがコミュニケーション能力です。

コミュニケーションに問題があると他のお子さんたちの輪から疎外されたりして、一生残る傷を心に抱えてしまうことになりかねません。

受験勉強と並行して、自分の発達障害を理解し周囲からの理解を得られるような社会性を養う必要があります。
試験で面接が課される私立中学もありますので、「発達障害があったとしても普通に生活できる」ということを印象づけられるようにしたいところです。

どんな学校を選べば良い?

発達障害のあるお子さんに必要なのは、「周囲からのケア」です。

ご家庭であれば家族がケアすることができますが、学校ではそうはいきません。授業中にわからないことがあっても授業を止めることはできず、落ちこぼれてしまう可能性もあります。

発達障害を専門にしたカウンセラーがいる私立中学もありますので、そうした選択肢を視野に入れても良いでしょう。
通常の学校に通うにしても、先生に相談しやすい環境がある・学校でもケアを受けられる環境があるなど、理解のある学校を選ぶことをおすすめします。

親御さんの希望で無理やり受験をさせても、学校になじめず退学というケースは珍しくありません。学校の説明会や見学会に積極的に足を運び、お子さんが生活しやすい学校を選択したいところです。

発達障害専門の家庭教師を

中学受験のために塾に通うという選択肢もありますが、発達障害のお子さんには家庭教師の利用をおすすめします。

塾のように集団で学習する環境では、集中力が続きません。「発達障害専門の家庭教師」を利用すれば、お子さんの状態を理解して適切な指導をすることができます。
もちろん、お子さんの努力もご家族からのケアも必要になりますが、難関校を目指すことも決して不可能ではありません。

お子さんの現状を見極めて、ゆっくりじっくりと向上させることでその先も道はおのずと見えてくるのではないでしょうか。

学習支援金プレゼント