家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高校受験に立ち向かうための教育費ってどれくらい?

高校受験対には、塾代・家庭教師費用・通信教育代などさまざまなお金がかかります。

一般家庭の高校受験にかかる教育費は実際どのくらいなのでしょうか。各家庭、最大限かけているというのが答えになると思いますが、これでは不安ですよね。

そんな不安を解消するために、実際にかかる費用をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

高校受験にかかる費用とその内訳

高校受験と合格後にかかる費用は、受験料(約1~3万円)・入学金(約20~30万円)・寄付金(私立の場合)・教材費・交通費や郵送費などさまざま費用が発生します。
細かい部分は、各学校の募集要項やホームページに記載されていますので、事前に確認しましょう。

そして、そこに塾や家庭教師などの学習支援サービスにかかる受験準備の費用が発生します。家庭教師や塾代は、1教科約1万円前後からの料金設定になっていますので、これに必要な科目数をかけた金額が総額となります。

高校受験は5教科ですから、安く見積もっても5万円+12ヶ月+教材費+模試代=70万前後です。
そこにフォローアップの家庭教師や通信教育が足されていくわけです。ここに先ほどの入学準備金が加算されますので、150~200万円以上の貯金が必要になってきます。

やっておいたほうがいいことへの迷い

塾や予備校に通っていると、塾などのインフォメーション通りに有料講座を受ける傾向があります。

不安を解消するために受講する生徒が多いですが、受けないという選択肢も重要なんです。受験を目前に控えた不安から、これはやっておいた方がいいのかなど、迷うことが出てきたら、家庭教師や塾の先生に相談してみましょう。

特にマンツーマンの家庭教師なら、志望校合格に必要な学力・テクニックなどを効率よく教えてくれます。また、生徒だけでなく家族への説明も、わかりやすく対応してくれるので、安心してお任せできるのではないでしょうか。

受験の時期は教育費がどんどんと積み重なっていきます。それに向けての計画も立てながら、親子共々プレッシャーに負けず、よい結果が出せるよう頑張りましょう。

学習支援金プレゼント