家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学生の基礎学力を劇的に向上させる方法をご紹介!

中学生は吸収力の塊です。大人が何ヶ月もかかる内容も、その気になれば一週間で習得することができる素晴らしい学習能力を秘めています。

しかし、実際は性格や周囲の出来事・その時の気分などに過敏に反応してしまい、その能力を上手く発揮できない場合が大半です。

ここでは中学生の基礎学力を正しく、劇的に向上させるコツについて紹介をしていきます。

学習方法を確立させる

学習には「学習した内容に取り組む」と「学習したことのない内容に取り組む」という2つの種類があります。基礎学力の向上のためには、この2種類の学習に個別に対応していく必要があるのです。

基礎学力とは「どんな状況にも対応できる盤石な土台」のことを指します。

体調が悪くても、見たことのない問題でも、自分の学力の範囲内の問題であれば確実に回答することができるというのが学力の土台なのです。

学習内容の定着方法について

「学習した内容」は既に学んだ内容なので、新しいことを学ぶ必要はありません。学んで出来るようになったことを「いつでも・どこでも出来る」ようになればよいのです。

まずは、様々な種類やバリエーションの問題をできる限りたくさんの数をこなしていきます。ひっかけ問題などを体験することで、実際にそのような問題が出題されたときに解答することができるように学習をするのです。

ただし個人での勉強だとなかなか色々な種類の問題を集め解くことができないので、塾や家庭教師を利用することをおすすめします。

知らない内容への対処について

「学習したことのない内容」をクリアにするためには、「予測する力」「自ら考える力」が必要になってきます。

私立の難関校の受験では、知らない内容が問題に含まれていることはよくあります。知らない内容に直面した時、わからなくて手を止めてしまうのではなく自分の持っている知識の中から予測を立て答えを導き出す必要があるのです。

学習の本質は「答えを見つけること」でもあります。自分で答えを導き出す能力を普段から鍛えておくことがとても大切です。

まとめ

塾で一生懸命勉強をして好成績を得ることができても、ただ「教え」を学んでいるだけでは、塾を卒業した途端落ちこぼれてしまうというお子さんがいます。

人の言うことだけを聞いて学んでいるだけでは、予想外の事態が起きたときに臨機応変に対応することができません。

家庭教師や塾での学習は基礎学力の向上においてとても有効な手段ですが、一人で学ぶことのできる学習法を確立させることが基礎学力の向上への一番の近道なのです。

学習支援金プレゼント