家庭教師・比較くらべーるによる中2社会のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学2年生
社会の学習内容と勉強法

中学2年生の社会でお困りの方にむけてお役に立てる情報をまとめています。学習内容やつまづきやすい単元と対策についてお話しますので、よろしければ最後までお読みください。

中学2年生の社会の学習内容

社会の学習内容

《地理》
・世界から見た日本のすがた(中学1年生の内容の続き)
・日本の諸地域
・身近な地域の調査

《歴史》
・近世の日本(江戸時代まで)
・開国と近代日本の歩み(江戸幕府崩壊から明治時代)

中学2年生が社会でつまづきやすい単元と解決法

中学2年生の社会の内容は盛りだくさんですが、中でも特につまづきやすいと言われている単元について絞ってお話します。今後の学習のお役にたてる解決法もをご紹介しますのでご覧ください。

1年次内容の理解が必要な地理(地理:世界から見た日本のすがた)

中学1年生で学習した内容の続きからの学習となるため、新学期に戸惑う生徒も多い単元です。小学6年生で学習した日本状況を基礎基本とし世界との比較をしていきますので、土台となる知識が不足している生徒は混乱します。

必要に応じて小学校内容まで遡り、日本の工業や農業、地域の特色などの基礎をおさえた上で中学校内容を学習するようにしていきましょう。

産業、文化、気候など様々な視点から考察(地理:日本の諸地域)

中学2年生で学習する日本の諸地域は小学生のときに学習した基礎基本を身につけているものとして授業が進められることが多いです。日本の諸地域における産業、文化、気候など様々な視点から考察していくため学習が進むにつれ暗記事項も増えていき混乱する生徒が少なくありません。

一問一答形式の問題だけでなく、様々な資料を基にどの地域のことか考察するなど暗記したことを活用する力が必要です。資料の特徴を捉える力をつけるためにも多くの問題にあたって慣れていくといいでしょう。また教科書だけでなく資料集なども隅々まで目を通しておきましょう。

資料から情報を読み解く問題(地理:身近な地域の調査)

身近な地域の調査では中学1年生で学習した内容も出題されることがあります。地図や写真、グラフなど身近な地域に関する資料から情報を選択して、地域の特色や課題変化の様子を読み取っていきます。
そのため、地図記号や今までに学習してきた各地域の特徴を理解した上でグラフの特徴に気づき活用する技能が必要です。

社会も日々の学習の積み重ねです。今までに学習してきた内容を丁寧に身につけていなければ対応できない単元ですので苦手な生徒は、まず今までに学習した内容で弱点がないか振り返ってみましょう。
またグラフなどの資料活用が苦手な生徒は、資料の特徴に気づく力をつけるためにもより多くの問題に触れてみましょう。

江戸幕府の改革(歴史:近世の日本)

江戸時代の政治制度、文化、貿易などについて学習していき、特に政治における改革の特徴と時代背景を結びつけた問題が出題され苦手な生徒が多い学習内容になります。

1つ1つの事象をおさえるだけでなく時代の流れを掴みながら学習することが大切になり、特に三大革命は各時代背景を一緒におさえながら丁寧に要点をまとめると効果的です。また年表にまとめてみて時代の流れを捉えるといいでしょう。

事象の起こった順を問う問題(歴史:開国と近代日本の歩み)

開国と近代日本の歩みでは、江戸幕府崩壊から明治時代までについての学習をします。日本国内だけでなく外国の動きにも目をむけて時代を捉え、欧米諸国がアジア進出していく課程を近代革命、産業革命などとともに理解していきます。

この時代では事象の起こった順を問う問題がよく出題されます。激動の時代ですので、どの事象が順に起きたのか年表を利用して頭に入れていきましょう。また挿絵を利用した問題も出題されることがありますので教科書の隅々まで目を通していく必要があります。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

ここでは、中学2年生へ編集部から社会に関するアドバイスをします。

中学2年生は内申点に影響する定期テストも残っていて、受験に向けての対策も早めに始めておきたい学年でもあります。

目的が異なるので、定期テストと受験対策は明確に分けて取り組むことが大事です。定期テストの結果が思わしくない場合には定期テスト対策重視、内申より受験に向けた準備が必要な場合には受験対策重視と、何が不足していて何が必要なのか、現状をしっかりと把握し理解した上で各対策に適した勉強方を取り入れましょう。

定期テスト対策

定期テストの結果は内申点に大きく影響しますので、テスト期間前だけではなく普段の勉強から気を抜くことなく取り組みましょう。

テスト範囲となっている単元を学校で使っている教科書などの教材はもちろん、定期テストまでに授業や宿題で出された問題も使って勉強することがポイントです。

問題が解けなかったり、理解できていない状態であれば前の単元で躓いている可能性があります。テスト範囲より前の範囲まで遡って復習することで改善が見込めますので試してみてください。

定期テストではテスト範囲の問題さえ解ければ問題ありません。ご紹介しているつまづきやすい単元や解決法を参考にテスト勉強を進めていきましょう。

受験対策

中学生活にも慣れ、部活動などの課外活動に力を入れている生徒さんも多いと思います。受験はまだ先だからと油断していては危険です。

志望校決定までには至っていなくても、どのくらいのレベルの学校に行きたいのか大まかな目標があるとより適した対策を行うことができます。受験対策には過去問での勉強が有効的ですが、まだ習っていない単元があると解けない問題もでてきますので今までに習ってきた問題だけでも解いてみましょう。

中学2年生の社会では、1年生からの続きとなる学習内容も含まれます。既に社会に対する苦手意識を持っている場合には更なるつまづきが懸念されますので、早めに対策することをおすすめします。

社会が苦手な人や学習方法に悩んでいる人は家庭教師を検討してみてください。

中学2年生は中だるみと称されるほど学習に向かうのが難しい時期といわれています。部活動が忙しくなり学習内容は量、質ともに向上し文武のバランスが崩れがちです。しかし志望校に合格するためには大変重要な学年でもあります。社会が苦手だと感じたり学習方法に悩んでいる生徒は、早めの対策を講じましょう。

限られた時間を有効利用し結果を出すためには自分に合わせた学習方法、つまり弱点に焦点を合わせたピンポイント学習が必須です。家庭教師なら「なかなか暗記できない」「暗記していても点数に結びつかない」といった悩みに一緒に立ち向かってくれますので、ぜひご検討ください。中学3年生になってから後悔しないよう早めに学習ペースを身につけて力をつけていきましょう。

まずは家庭教師の診断をお勧めいたします。複数の家庭教師センターを比較検討することで、より生徒さんの状況にぴったりと合った家庭教師に出会うことができますのでお試しください。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント