家庭教師・比較くらべーるによる中学生社会のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
プロの逆転合格コース 入会金無料 定期テスト対策コース トライ史上初!! 成績保証
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学生
社会の学習内容と勉強法

社会が苦手という中学生や受験に向けて中1内容から総復習したい人にむけて、中学3年間の社会の学習内容やつまづきやすい単元と対策についてお話します。今後の学習のお役にたてる情報がたくさんありますので、ぜひ最後までご覧ください。

中学生の社会の学習内容

社会の学習内容

・地理
・歴史
・公民

中学生が社会でつまづきやすい単元と解決法

中学校で学習する社会全般から特につまづきやすい単元を取り上げて解説策をご紹介します。

グラフや表などの資料の特徴を読み取り答える問題(地理)

最近の地理は一問一答のような出題パターンではなく、自分で「気づき」「考え」「表現する」必要がある問題が増えてきています。特にグラフや表などの資料を利用した問題では、まず自分で資料の特徴に気づかなければなりません。そしてその特徴は何を意味しているのか考え、自分なりの言葉で答える記述問題が増えています。

資料を見たときに特徴に気づくためには土台とする知識が必要です。
例えば日本の各地域の特徴や世界の気候の特徴など基礎基本を身につけておかねばなりません。資料を利用した問題で誤答した場合は自分にどの知識が足りなかったのかを意識しながら訂正をしていくといいでしょう。そして足りない知識や苦手な単元をみつけたら早めに復習をしましょう。

起こった事象を並び替える問題(歴史)

歴史では、その事象が何年に起きたのか問われる問題は少なく、起こった事象を時代順に並び替える問題が増えています。問題文を読み取り、どの事象のことかを理解したうえで起こった順に並び替えたり、写真や資料からいつ起こった事象なのか理解し並び替えたりしなければなりません。

よく問われる事象については何年に起きたかを覚えておいた方が解答しやすいです。また教科書や資料集に載っている年表をみて時代の流れをおさえていくこともいいでしょう。必要があれば年表にキーワードを書き足していき自分専用のオリジナル年表を作成してもいいかもしれません。

日本と海外の事象を結びつける問題(歴史)

日本で起きた事象を取り上げ、同じ時代に海外ではどのような事象があったかを選ぶ問題が出題されます。紛争や貿易で日本と関わりがある事象について問われる場合はまだ答えやすいのですが、深い関わりがない場合は正答率が下がる場合があります。

日本の主な事象は年号を覚えておくとともに、海外の事象は年号を覚えられなくてもせめて日本のどの時代に起きたことかを抑えておきましょう。そのためにも年表に日本の事象と海外の事象を両方まとめて書き込んでいくといいでしょう。また、教科書に目を通す時には日本と海外の動きを意識して関連付けながら読み込むようにしましょう。

現代社会の具体的な事象に結びつけた問題(公民)

公民は中3から習い始める学校が殆どです。公民は一問一答のような覚えていればできる問題よりは具体的な事象を例に挙げて、それに関わる法律や制度を結びつけて考えなければならない問題の方が多いです。

様々な具体例に触れておいた方がいいので問題数をこなしていきましょう。また答えあわせをする時には、なぜその答えになるのか、どの法律や制度と結びついているのか理解するようにしましょう。

暗記はコツコツと

一問一答形式の問題集を使って暗記していくときのお勧めの勉強方法についてお話します。

まず反復学習するためにノートに解き、問題集に答えを直接書き込みまないようにします。1ページごとに答え合わせを行い、間違えた問題は問題集にレ点などの印をいれておきます。そして教科書を開き自分の間違えた問題がどこに載っているか見つけ線をひいておきます。これを3~5ページ分続けて行ないます。次に再度1ページ目から同じようにノートに解き答え合わせと教科書へのチェックをします。このように繰り返して学習することでより深い定着をはかります。

ある程度間違える問題が少なくなってきたら、全問解くのではなく間違えた問題のみを反復学習してもかまいません。

入試間際になったら問題集に直接解きます。受験当日の休み時間には日頃から愛用してきた問題集を見ることで心を落ち着かせる効果もあります。ぜひ試してみてください。

記述問題にも対応しよう

近年、記述問題が増えてきており苦手とする生徒が多いです。自分なりの言葉で答えなければならないので語彙力や表現力が必要です。しかし高校入試では長文を書かせることは少なく、その事象のキーワードをおさえて答えていれば正解になります。

記述問題が苦手な生徒は模範解答の中のどの言葉がキーワードなのか押さえていくようにしましょう。また教科書に載っている表現を活用すると答えやすいので教科書の本文の重要な言葉にはチェックをいれていきましょう。キーワードとなる言葉が分からない人は学校の先生や家庭教師の先生に質問しましょう。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

中学生のみなさんに、編集部から社会について総合的なアドバイスをします。

中学生の社会の対策には定期テスト対策と受験対策が挙げられますが、学年や目的ごとで方法も異なりますので優先・重視すべき点を明確にした上で志望校や目標に適した対策を意識してみてください。

内申点を上げたい生徒さんは定期テスト対策を、受験を控えている生徒さんは受験対策の内容を参考に勉強を進めてみましょう。

定期テスト対策

定期テストは内申点に関わるので、ゆくゆくは受験に繋がるテストとなります。

テスト範囲の問題が解ければ大丈夫ですが、万が一「テスト範囲内の問題が解けない」「全く分からない」という状況の場合にはテスト範囲より前の範囲から復習をしましょう。一度遡ってみることが理解できていなかった点に気づく良いきっかけとなります。

「戻ってみる余裕がない」と諦めてしまうと、テスト範囲の単元だけではなく今後の社会の勉強にも悪影響を及ぼす可能性がありますので焦らず冷静に取り組むことが重要です。

中学3年間の社会の学習内容やつまづきやすい単元を参考に、点数の取れる勉強を心がけましょう。

受験対策

受験対策といっても学年や志望校、目標によって方法は様々です。

中学1年生は中学生になりたてですぐに受験を意識することは難しいと思われます。しかし定期テストや普段の学校生活が合否に大きく関わってきますので、特に高校受験で内申点を重視する地域の場合には注意が必要です。

中学2年生になると部活動や学校生活が楽しくて勉強どころではない生徒さんも増えてくることでしょう。一般的には中2の夏休み辺りから受験勉強を始めることが多いようですが、社会に苦手意識を持っている場合は遡って勉強をしなおす必要があるので、早急に対策をすることをおすすめします。

部活も引退し受験勉強メインとなる中学3年生は志望校も決まり、より明確な対策で勉強を進めることができます。中3から新しく公民を習うこともありつまづく生徒さんも少なくないので、いかに苦手な単元をつくらず効率的に勉強ができるかがポイントとなるでしょう。

社会が苦手な中学生や社会の勉強方法が分からない中学生は、ぜひ家庭教師を検討してみてください。

中学生の社会は小学校時代の積み重ねにも影響しており土台ができていないまま中学校内容を理解しようとしても混乱するばかりです。社会が苦手な生徒さんは自分がどの程度まで身につけているのか確認した上で学習をすすめてみましょう。どこから復習した方がいいか分からない生徒さんは家庭教師に相談してみてください。また暗記したくても覚えられない人や暗記していても点数に結びつかない人も何が足りないのかこれからどのように学習していけばいいのかアドバイスを受けられる家庭教師をお勧めします。自分に合わせた学習方法で進めていくほうが効率的で効果が期待できます。

社会は覚えるだけだから中学3年生になってから学習したので間に合うと思っている人は、高校入試の選考方法を確認してみてください。近年、内申点が重視されている場合が多いので苦手は早めに克服して内申点をアップさせておく必要があります。
早めに対策を打つためにも、まずはぴったりな家庭教師の診断を行ってみてください。複数の家庭教師センターを比較検討することができますので、より生徒さんの状況に合った家庭教師に出会えます。心配なことや質問があればお問い合わせいただければ担当者が対応いたします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント