家庭教師・比較くらべーるによる中1社会のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

中学1年生
社会の学習内容と勉強法

このページでは、中学1年生・社会の学習内容と対策についてまとめています。社会が苦手な方やよりよい学習方法を知りたい方は、お役に立てる内容が盛りだくさんですので、ぜひご覧ください。

中学1年生の社会の学習内容

社会の学習内容

≪地理≫
・世界のすがた
・世界各地の人々の生活と環境世界の諸地域
・世界のさまざまな地域の調査
・日本のすがた
・世界から見た日本のすがた

≪歴史≫
・歴史のとらえ方
・古代までの日本(平安時代まで)
・中世の日本(室町時代まで)

中学1年生が社会でつまづきやすい単元と解決法

中学1年生の社会で、つまづきやすい単元と解決法をご紹介します。

時差を求める問題(地理:世界のすがた)

中学1年生の地理では、ほとんどの学校で1学期のうちに様々な種類の地図の名称や特徴を学びます。また地図を利用して赤道や日付変更線などの用語を抑えた上で時差の考え方を身につけていきます。

基本的な考え方は丸暗記することで対応できるのですが、「時差を求める問題」は苦労をする生徒が多いです。日付変更線に注意しながら時差の計算をしなければいけないため混乱するようです。時差は苦手だからと見て見ぬふりをしている人もいると思いますが、時差は定期テストだけでなく入試でも頻出されますので早めに克服する必要があります。

まずは暗記事項をしっかり抑えた上で時差の考え方を身につけましょう。また、問題文の読解力や地図の読み取りが必要な場合もありますので様々なパターンの出題形式に慣れておきましょう。

グラフや資料から読み取り、まとめる問題(地理:世界のさまざまな地域の調査)

世界のさまざまな地域の調査では、今までに学習してきた地理的事象に興味・関心をもって調査活動や調査結果のまとめを行ないます。グラフや資料の読み取りを行ない、気づいたことを自分なりの言葉で表現する問題なども出題されます。

グラフや資料を見て、どのような特徴があるのかに気づくためには、そのグラフや資料の背景を理解しておくことが必要です。つまり今までに学習した内容を土台として身についていなければ資料の読み取りができないのです。単なる暗記だけでは対応できない問題が出題されることがあるので、より広く深く理解していくことが大切です。

現在の日本と世界との比較(地理:世界から見た日本のすがた)

世界から見た日本のすがたでは、現在の日本の状況(工業や農業などの実態)を知った上で世界との比較をしていきますので、土台として日本について理解が必要です。小学6年生で学習した内容が身についていない生徒は苦労をする単元です。例えば都道府県や県庁所在地を暗記していない人は学校の授業についていけない場合もあります。

日本の工業や農業、地域の特色などの基礎を覚えていない人は小学校内容までさかのぼって学習し土台を固めていきましょう。暗記するべき事項が多いので、まずは要点を絞って身につけていきましょう。

昔の日本の文化(歴史:古代までの日本)

古代までの日本という単元では主に当時の日本の政治や文化を中心に学習していきます。特に文化では現代社会では到底関わることのない独特な生活習慣などを学ぶためイメージすることが難しいようです。

教科書や資料集に掲載されている写真や挿絵などと絡めて当時の事象を暗記していきましょう。また当時の日本人の考え方と文化を絡めて暗記していきましょう。

政治・文化・外国の3側面から見る歴史(歴史:中世の日本)

中世の日本という単元では、鎌倉時代から室町時代にかけての政治、日本の文化、外国とのかかわりといった3つの側面から理解していかなければいけません。小学校6年生のときに大まかな歴史の流れは学習していますが、中学校に進学しより深く広く学ばなければいけなくなり、早い生徒では1学期のうちに膨大な暗記量に苦しむことになります。

歴史を学習する上で大切なことは、時代の流れを意識することとその事象における背景を捉えることです。教科書の文章の読み込みはもちろんですが参考資料や写真なども漏れることなく1つ1つ丁寧に理解していくようにしましょう。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

ここでは、家庭教師比較くらべ~るの編集部が中学1年生の社会について全体のアドバイスをします。

内申点を重視するなら定期テスト対策、受験に向けての勉強は受験対策と目的によってはっきりと分けることがより効率的な対策法です。目的が定まらない状態での勉強は大変危険ですので、重視したい点を明確にし、優先順位をつけてから取り組むように心がけましょう。

志望校まで決めることは難しい学年かと思いますが、大まかでも目標があるとより取り組みやすくなると思いますよ。

定期テスト対策

定期テストはテスト範囲の勉強をしっかり行えば問題ありません。

学校で使用している教材や今までの宿題、小テストの問題を使った勉強法がおすすめですが、問題が解けないようであれば指定されているテスト範囲より前の単元から復習しなおす必要があります。一度戻って見直すことでどこでつまづいているのか、何が苦手なのかが明確になります。

定期テストは内申に影響しますので、日々の授業から真剣に取り組みテスト勉強では復習をするくらいの余裕があるといいですね。

受験対策

受験対策は中学1年生にはまだ早いとお考えの方も多いかと思いますが、実は違います。中学生になった時点で高校受験を見据えた学校生活を送ることが志望校合格へ繋がります。

既に将来を見据えた志望校選択ができている場合には志望校の入試問題や傾向に早いうちから慣れておきましょう。過去問を使っての勉強がより効果的です。

まだ中学の社会を習い始めたばかりで全ての問題を解くことができない場合もありますが、習っている範囲だけでも解くことをおすすめします。

中学の社会では小学生のうちに習った範囲をより深く幅広く学ぶことになりますので、社会自体苦手だという生徒さんは特に苦手意識を克服できるような対策が必要となってきます。暗記も大事な科目ですが、理解した上で覚えるとより効率的に習得することができるので是非参考にしてみてください。

社会の学習方法に悩んでいる人や成績を上げたい中学1年生は家庭教師を検討してみてください

現在中学1年生で、暗記しようと思ってもなかなか暗記できない生徒さんや暗記していても点数に結びつかない生徒さんはぜひ家庭教師にご相談ください。

社会の暗記方法は様々ありますが自分に合った学習方法で進めることで、よりスムーズに身につけていくことができます。語呂合わせやイメージを膨らませて暗記する方法など家庭教師が一緒になって克服方法を見つけ出します。また近年暗記のみでは対応できない問題が頻出されてきていますので、グラフや資料の読み取りや記述問題にも柔軟に対応することが可能です。

現在の入試制度では内申点を重視している高校も多いため、早めに苦手克服する必要があります。基礎となる小学校の内容でつまづいている場合は特に、単元の要点を絞って身につけていくことも克服手段の1つです。家庭教師なら1人1人に合わせた学習方法で進めていくことが可能ですので効果が期待できます。

生徒さんの状況に応じた家庭教師を紹介いたしますので家庭教師の診断をまずしてみてください。複数の家庭教師センターを比較検討することで、より条件に適した家庭教師に出会うことができますのでお試しください。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント