家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

【受験生の寒さ対策】万全の体調で受験当日を迎えよう!

受験の時期はちょうど寒さが一番厳しくなる季節です。

冷えこむ夜の受験勉強をする際の効果的な防寒方法や、受験当日の防寒に役立つグッズなどについてご紹介させていただきます。

寒さに気を配るべきポイント1

私たちの身体は体温調節機能があり、ある程度の温度変化には耐えうるものです。幼い子どもなら大人より一枚薄着がちょうどよいといわれるほど、若ければ寒さに対応して身体が熱を保つように発達します。
しかし、眠る時は寒さにより一層気をつけなければいけません。

眠る時や眠っている間に寒いなと感じるような状態では風邪をひくと思ってください。
特に受験生は心身ともに疲れているので、眠っている時に寒いと感じて身体が緊張しているようでは、休息を十分にとることができません。

肩など冷えやすい部分は、あらかじめ肩当てなどの寝具を使い効率的に冷え対策をしましょう。
冷え対策の寝具は、受験勉強にはとても役に立つものが多いので、この冬試してみることをおすすめします。

寒さに気を配るべきポイント2

制服着用の受験生は、マフラーと手袋を忘れないでください。末端から冷えを予防するとともに、手が冷えるとすぐに学習体制になれません。
また、首や肩、足先が冷えていても同様に学習に集中できなくなります。そこで、学習にもっとも使う部位は、絶対に冷やさないということを心掛けてください。

この時期、こまめに手洗いうがいをすると思います。手を洗い、教科書や問題集といった紙に触れ、乾燥した季節になんのガードもしなければ、手はどんどん荒れていきます。
水仕事をしない受験生でも、手のトラブルは避けたいですね。ここ一番で一番働く「手」を中心に、防寒具を活用して末端から冷えを撃退しましょう。

寒さに気を配るべきポイント3

最後に、受験当日の寒さ対策です。受験当日はカイロやマフラー、手袋、脱ぎ着できる防寒着を用意して試験に向かいましょう。

雪が降るような寒い季節でも、会場の室内温度は行ってみないとわかりません。
蓄熱できる下着を着込んでいき、暖房がよく効いていたため、熱くて頭がボーッとして実力が出せなかったという話も聞きます。カーディガンなど脱ぎ着のできる上着なら、室内温度に合わせて調節ができます。

寒い季節は、心の弱さが露見しやすい季節でもあります。受験生は相談相手や励ましてくれる相手が必要なことも多々あることでしょう。
そんな時は家庭教師や塾の先生、学校の先生を頼ってください。ご家族とは違うケアで支え、今頑張っている受験生のサポートをしてくれるでしょう。

学習支援金プレゼント