家庭教師・比較くらべーるによる高2国語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高2
国語の学習内容と勉強法

扱われる題材や語彙が益々難解になってくる高校2年生の国語では、苦手意識を持っている生徒さんも少なくありません。ここでは、家庭教師・比較くらべーるが高校2年生の国語について、つまづきやすい単元とその解決方法についてご紹介します。国語が苦手と思っている生徒さんも、益々成績を上げたいと思っている生徒さんも是非参考にしてください。

高2の国語の学習内容

高校2年生 国語の学習内容

現代文
・随想
・小説
・評論
・詩
・短歌、俳句
・表現(読む、書く)
・漢字
・文法

古文
・説話
・随筆
・詩歌
・物語
・文法

漢文
・訓読
・故事、故事成語
・唐詩
・史話
・論語

高2が国語でつまづきやすい単元と解決法

高校2年生の国語では、現代文・古文・漢文全てにおいてより文章が難解になります。語彙や漢字も難語が頻出します。 ここでは、高校2年生の国語の学内容の中で、特につまづきやすい単元、その解決方法をご紹介します。是非参考にしてください。

語彙数の不足

学習が進むにつれ、基本的な語彙に加えて、難語の理解も必要とされてきます。しかし、その言葉を理解出来ていなければ文章を理解する事は出来ません。
現代語・古語・漢語に限らず、初見の言葉、意味を忘れてしまった言葉が出てきたらすぐに調べるようにしましょう。辞書を日常で使用する習慣をつけ、語彙力に対する意識を高めていくことが重要です。

古文の活用について

古文において、動詞の活用に苦戦する生徒さんも少なくありません。覚える事が多く、それだけで苦手意識を持ってしまう事もあります。
しかし言い換えれば、活用は覚えてしまえば解ける問題ばかりです。ただ活用を覚えるのではなく、文章の中から読み取る事で理解をさらに深めることができますので、多くの語彙、文章に触れる事が大切になります。

古文の読解について

古文の読解について、意味が理解できずに問題が解けないという生徒さんが少なくありません。

初見の文章を理解するためには、基本となる古語を覚え、大まかな内容を捉える事が重要です。実は、覚えなければいけない古語は実際は現代語より少なくて済むのです。まずは頻出の単語をしっかり覚えましょう。

訓読に対する苦手意識

漢文の基礎である訓読ですが、つまづきやすい単元の一つです。しかし、訓読が出来なければ漢文は読めないと言っても過言ではありませんので、訓読をマスターすることで多くの漢文を読み解くことができます。

訓読を理解するためには、ルールを守りながら何度も声に出して読む事が大切です。自分で読む事が出来れば、意味も容易に理解する事ができます。

句法について

漢文を理解する上で、句法をしっかりマスターする事も重要となります。句法は頻出の単元ですが、覚えればしっかり点数を取る事のできる単元でもありますので対策を怠らないようにしておきましょう。

否定形、使役形、受身形、疑問・反語形、この4つをしっかり理解し、句法が理解できていれば応用問題にも生かすことができます。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

編集部より高校2年生の皆さんへ、国語の勉強法に関するアドバイスをします。

学年が進むと、より文章は長くなり、意味を理解するには難解な文章が多数出て来ます。言葉も難語が多く出て来ますし、漢字も複雑なものが増えます。
しかし、新しい言葉をそのままにするのでなく、しっかり調べて理解し、より多くの言葉、文章に触れるよう自分で意識してみましょう。

今まで皆さんが日本語を習得してきたように、国語の学習も基本に立ち返れば「日本語」である事に変わりはありませんので、多くの言葉を見て、読み、書き、話し、国語に対しての苦手意識を是非取り除いていくようにしてください。

定期テスト対策

定期試験では学習済みの文章と、新出の文章の問題がそれぞれ出題される事が多い傾向にあります。
学習済みの文章では、試験前からとにかく何度も読んでおくことが重要ですので、特に重要な文章にあらかじめ見当をつけておき、素早く問題を解くことが大切です。
新出の文章も全てを読むのではなく、まずは題名、最初と最後を読み大まかなあらすじを理解しましょう。設問を先に読む事も、解答するにあたり大きな手掛かりとなり時間短縮にもなりますので有効な手段であると言えます。

文章をしっかり分析して点数の取りこぼしのないようにしましょう。

受験対策

定期試験対策と同様、設問を先に読む事で、時間の短縮を図る事ができます。しかし、早く問題を解くあまりにケアレスミスはしないようにしなければなりません。漢字の間違いはないか、文法で間違っている箇所はないか、助詞はしっかり正しく使用できているか、句読点の間違いはないかしっかり確認を行ないましょう。

ケアレスミスを少なくする、また文章をしっかり理解するには、日頃より多くの文章や言葉に触れる事も重要です。勉強時間中だけでなく、日頃から読書や新聞を読み、多くの「日本語」に触れるようにしましょう。

国語が苦手と感じる、さらに成績を上げたい、受験対策をしっかり行いたいという高校2年生の皆さんは、家庭教師に頼ることをお考えください

国語は現代文・古文・漢文全てにおいて、学年が進むにつれ難語が頻出し難解になってきます。高校1年までに学習した文法や漢字がしっかり理解できている事が前提で学習が進められますので、基本がしっかり理解できていなければつまづいてしまいます。

今一度しっかり基礎から見直したい生徒さんや古文や漢文に特化して学びたい生徒さんには家庭教師が有効であると言えます。一人ひとり課題は違いますので、家庭教師であればそれぞれに合った学習方法や内容を生徒さんと一緒に考え、授業を行なうことができます。

また、検討される場合は多くの家庭教師センターがありますので、自分に合ったセンターに出会えるよう、様々なセンターを比較検討される事もお勧めします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント