家庭教師・比較くらべーるによる高1国語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高1
国語の学習内容と勉強法

中学と比べると現代文・古文・漢文と細分化され、重要教科の一つである国語について、家庭教師・比較くらべーるがつまづきやすい単元や解決法についてご紹介します。高校1年生の皆さんで、国語に苦手意識を持っている、国語の成績をさらに上げたいという方がいらっしゃいましたら是非ご参考になさってください。

高1の国語の学習内容

高校1年生 国語の学習内容

現代文
・随想
・小説
・評論
・詩
・短歌、俳句
・表現(読む、書く)
・漢字
・文法

古文
・説話
・随筆
・詩歌
・物語
・文法

漢文
・訓読
・故事、故事成語
・唐詩
・史話
・論語

高1が国語でつまづきやすい単元と解決法

高校1年生の国語では、中学に比べ、現代文・古文・漢文と学ぶ単元が格段に増えます。ここでは、高校1年生の国語でつまづきやすい単元、また解決法をご紹介します。国語の勉強法で悩む皆さんは是非参考にしてください。

語彙力の不足

現代文・古文・漢文どれを取っても、語彙力が豊富でなければ問題を解くことは難しく文章の意味を理解する事ができません。
辞書を日常から使用する癖をつけ、初めてでてきた言葉は必ず調べるようにしましょう。

また漢字についても同様ですので、新出の漢字はしっかり意味まで理解できるように調べておき、何度も書く練習をしましょう。

文章を理解する力が足りない

日常で文章を読む機会が少ないと文章を読み理解する力が上達しませんので、国語全般の特徴として出題される文章をしっかりと分析する力が必須である事が挙げられます。

長い文章でもしっかり自分で分析できるよう日頃から文章に慣れる必要があり、国語の問題を実際に解くだけでなく、読書や新聞を読む事を習慣化することも大切となります。

古文に対する苦手意識

現代文に比べ、言葉を理解するのが難しいために苦手意識を持つ生徒さんが多いのが古文です。しかし受験では点数の配当も高く、必須の課題になりますので今から対策を行っておきましょう。

初見で知らない語彙が多く並んでいるように感じますが、実際に高校卒業時までにしっかり習得すべき古典特有語は200語足らずですので、しっかり基本となる言葉を覚えれば、文章を理解するスピードが速くなります。
頻出の単語も決まっているものが多いですので、しっかりポイントを押さえましょう。

漢文に対する苦手意識

古文以上に苦手意識を持つ生徒さんが多いのが漢文ですが、訓読の基本をしっかりマスターしていれば実際には解ける問題が多くあります。文章を読む前に、しっかりと漢文の読み方の基本を徹底的に理解しておく必要があります。

また、漢文を理解するには指示語の理解も重要ですので、まずは物語の内容を把握する訓練を何度も行う事で、初めて見る文章でも大まかな意味を読み取る力が養われます。

記述問題が苦手である

多くの生徒さんが敬遠しがちな記述問題は、頻出で配点の高い問題ばかりです。ただ文章を丸写ししただけ、設問の内容とは全く違う事を記してしまっているなどの解答をしてしまう生徒さんが少なくありません。

まずはしっかり設問を読み、設問に対して的確に理解できているかを確かめます。読解力を養うためには多くの文章に触れ、多くの記述問題を解く練習が必要です。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

編集部より高校1年生の皆さんへ、国語の勉強法に関するアドバイスをします。

学校で習う科目、受験で必要な科目とは言え、国語の基本は「語学」です。日頃から皆さんが話し、書き、聞いている言葉ですので、日常の中で初めて聞く言葉などを調べたりして、語彙を豊富にしておき、初めて見た漢字はしっかり覚えられるように繰り返し練習を行ないましょう。

国語は日々の生活でも学習する事ができますので、たくさんの文章に触れるようにするだけで、国語の「学習」も上達が早くなります。

定期テスト対策

国語は、他の教科に比べて文章の最後や漢字の書き方等、より細部まで確認する必要があります。せっかく解答が合っていても、漢字が違っていれば点数には繋がりません。文章の最後の句読点までしっかり確認をし、ケアレスミスを減らすように注意してください。
また、文章を丸々読み時間を費やしてしまうのではなく、的を絞って文章を理解する事も限られた試験の時間内では大切な事です。日頃から現代文に限らず、古語や漢語にも触れ、文章に慣れておきましょう。

受験対策

まずは語彙力、漢字力の強化が必要ですので、一つでも多くの言葉が頭に入っている状態を目指しましょう。
また定期試験対策と同様、問題の解き方も重要ですので、闇雲に文章を読み解答するのではなく、できるだけ短い時間でしっかり文章を分析できるようにしましょう。
そのために基礎もしっかり理解する必要があります。

最後にケアレスミスをいかに減らすか考える事も大切です。漢字や助詞、句読点等の問題で点数を取りこぼすことのないようにするため、日頃からたくさんの文章に触れてください。国語は何より、日々の積み重ねが重要となります。

国語の成績をもっと上げたい、古文や漢文に対して苦手意識のある高校1年生の皆さんは家庭教師がお勧めです

主要五教科の一つである国語は、現代文だけでなく古文・漢文も加えとても重要な教科ですが、苦手意識を持つ生徒さんも多いと言えます。
受験でも必須の教科ですので、中学で学習した基礎をしっかり復習しながら成績を上げたい、受験対策を行いたいという生徒さんには家庭教師がお勧めです。
一人ひとり苦手分野、強化したい単元は異なりますので、1対1でしっかり授業を行う家庭教師なら自分に合った学習を進めることができます。

また、家庭教師センターは1つではなく複数ありますので、学習内容や教材はもちろん費用や場所、各センターの特色を比較されることをお勧めします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント