家庭教師・比較くらべーるによる高3英語のよくある苦手と解決法

家庭教師・比較くらべーる
家庭教師のトライ まずはお試し 定期テスト 3回短期コース
イチオシ家庭教師選定基準
成績を上げられるか
健全な経営をしているか
詳しくはこちら
よく見られているページ
サイトメニュー
家庭教師の体験談大募集!!

高3
英語の学習内容と勉強法

受験を控え、必須科目である英語の難解な問題に日々苦戦している生徒さんは多いのではないかと思います。ここでは、家庭教師・比較くらべーるが高校3年生の英語について、つまづきやすい単元とその解決方法についてお話します。

高3の英語の学習内容

高校3年生 英語の学習内容

・高校2年生まで学んだ文法のさらなる応用
・文の種類
・文型
・動詞
・前置詞
・代名詞
・助動詞
・受動態、動名詞、不定詞
・時制の一致
・名詞と冠詞
・特殊な構文
・リスニング
・必要単語数 高校2年終了時3100語プラス高校3年生で500~600語の習得

高3が英語でつまづきやすい単元と解決法

高校3年生の英語では、高校2年次までに習った文法のさらなる応用を学び、長文読解やリスニングの強化を行います。中学から続く英語教育の仕上げとして、難問である特殊な文や難解単語の習得も必須です。受験対策ももちろん行われますので、つまづいてしまうと遅れを取り戻すのは容易な事ではありません。 ここでは高校3年生の皆さんがつまづきやすい単元をご紹介します。解決方法も記載しますので、参考になさって下さい。

高校2年次までの内容を理解できていない

学校で習う英語教育の総仕上げとして、さらには大学受験対策として取り組む高校3年生の英語では、前の学年までの内容をしっかり理解していることが大前提となります。しかし、基礎がしっかり理解できていないがために、応用問題に対応することができない生徒さんが多いのが実情です。

闇雲に正解に辿りつこうとしても導き出すことはできません。しっかり基礎の土台があった上で応用力を身につけることができるのです。わからなくなったら、たとえ中学の内容であっても基本に戻り復習を繰り返す必要があります。

仮定法が苦手である

高校3年生の生徒の皆さんが苦手とする単元の代表格が仮定法です。しかし、受験では必須の単元であり、配点の割合が大きい問題も多くあります。

高校3年生では基本の仮定法だけでなく、時制も絡んだ、仮定法過去、仮定法過去完了、仮定法未来等の構文が出てきます。まずはしっかり仮定法の基本を捉え意味を理解し、主となる文「if」以降の文それぞれを分けて考え解れば、時制についても考えます。
最初から時制も意味も全てを一括りにしていては容易に正解には辿りつけません。また、一つの長い文を一つとして捉えても意味は掴みにくいですから、分けて考えることも必要です。

英作文について

大学受験必須の課題の英作文を苦手としている生徒さんも少なくありません。英作文を苦手とする大きな原因は、高度な文章を書こうと意識しすぎる事です。

難しい単語を並べても、難しい構文で書こうとしても、基本の文型が整っていなければ点数には繋がりません。構成が正しくなければ、文章としては成り立ちませんので、基本となる土台をしっかり作った上で単語を当てはめ、構文を整えていけば正しい文章を作る事ができます。

長文読解に対する意識

英作文と同様、受験では必ず出題される長文読解に苦戦している生徒さんは大変多くなっています。語彙力、文型の理解、英作文能力等、全ての事柄の理解度を試される問題です。

長い文だからこそただ解いていては時間が足りません。そして全てを理解するには大変な苦労が必要ですから、自分で内容を大まかに捉え、ある程度想像しながら読み進めていくのも大いな手助けになります。

また、基本がしっかり理解できていれば多少難しい構文が出てきても核は理解できます。単語力も大変重要で、長文読解をするには文法や単語等、他の単元の理解が必須となります。しっかり土台を整えた上で多くの長文を読み、慣れていくことが必要です。

語彙力の必要性

英単語は、高校卒業時までに4000語近く習得する必要があります。長文読解でも英作文でも、語彙力は問題を解き進めていく上で大いに助けになります。また、単語は覚えてしまえば即点数に繋がりますので、覚えて損はありません。

地道に単語を覚えていくことが点数をアップに繋がります。

ぴったりの家庭教師を診断する

編集部コメント

編集部より高校3年生の皆さんへ、英語の勉強法に関するアドバイスをします。

長文読解や英作文、特殊な構文等、とにかく難解な問題が頻出される高校3年生の英語の内容ですが、全ての単元、分野に共通して言えるのがわからなくなったら基本に戻るべきという事です。何事にも基本がありますので、核となるものを理解できるようにしましょう。
時間がないからと言って復習を忘れてはいけません。わからなくなったら前の学年の内容や以前習った単元に戻ってみましょう。文章や内容をシンプルに捉えれば明確に正解が見えてきます。

定期テスト対策

受験での試験の予行演習とも言える高校3年生の定期試験では、受験のことを意識して問題を解いていきましょう。
何事も慣れですので、たくさんの英語を目の前にしても怯むことのないよう、日頃からたくさんの英語に触れておくことが大切であると言えます。実際に英語を声に出したり、何度も書いたり、目で追い読む練習も必要です。

語彙力も問われますので、日々少しずつ語彙力の向上を目指しましょう。

受験対策

限られた時間の中で、しっかりポイントを掴みながら問題を解く訓練をしましょう。ただ、問題を解いていくのではなく、自分の得意な分野、時間をかけたい苦手な分野をしっかり把握しておき、的を絞って問題を攻略していく必要があります。

そのためにはしっかり基本を理解し、その上に応用力を積み上げていく勉強法を是非取り入れてみてください。

受験に向けて総仕上げをしたい高校3年生の皆さんは、ぜひ家庭教師をご利用ください。

受験を控え今一度復習をしっかりしたい生徒さんや、さらに応用力を高めたい、また苦手な特定の分野を強化したい等の様々な悩みを持つ皆さんには家庭教師をお勧めします。受験までの残された限りある時間の中で、自分に合った勉強法で目標に向かって指導を受けることができます。

また他の教科との兼ね合いなど、受験に対する悩みは人それぞれですので一つの家庭教師センターに限らず複数の家庭教師センターの比較もお勧めいたします。

ぴったりの家庭教師を診断する

いまなら、当サイト経由のご入会で
先着15名様に学習支援金2万円をプレゼントしています!

学習支援金20,000円プレゼント